一線の研究者・臨床医が取り組む!「高濃度クマザサエキス」探査・開発の軌跡
著者:赤城 稔
価格:電子書籍版 800円(税別)/POD版 1,800円(税別)
発売日:2016/12/25
Kindle 楽天kobo 紀伊國屋書店 アマゾンPOD 三省堂POD

医薬品としてのササエキスを含めてササエキスには複数の製品があるが、本書で紹介するTWEBSは医薬品ではない。にもかかわらず、細菌、ウイルス、トリコモナス(原虫)、そしてカンジダに効き、副作用もないという「妙薬」なのだ。笹のエキスにはさまざまな効果効能があるということは、古くからいわれてきたことだが、本書の主人公である鍼灸師、土田裕三氏は嫌気性菌の権威やウイルス学者、産婦人科医や第一線でガンと戦う臨床医など、数多くの専門家を巻き込んで、このエキスの効果効能について西洋医学的および科学的なアプローチで研究を進め、さらに成分の特定をこれまで進めてきた。その結果、このエキスから極めて貴重なある種のフラボンが抽出され、岐阜大学生命科学総合研究支援センターがその合成に成功した。トリシンと呼ばれるこのフラボンには、強力な抗ガン作用、抗ウイルス作用があるといわれる。抗生物質による耐性菌出現、抗ウイルス薬による耐性ウイルスの出現というイタチごっこが繰り返されている。もはやこれまでの抗生物質の開発は限界にあるとすらいわれる。それゆえ植物由来の抗生物質やワクチン、免役活性剤などを求める潮流が世界中で沸き起こっている。いわゆるファイトケミカル(健康維持のために必要な植物性化合物)の探索だ。日本古来、東洋伝来の知恵を現代に蘇らせようとするこのプロジェクトの顛末は、甚だユニークで、そして私たちに大いなる希望をもたらせてくれるものなのだ。

目次
プロローグ

第1章 たかが石鹸が、数々の都市伝説を生んだ

第2章 日本人の大半を蝕む歯周病との戦い

第3章 それは、床ずれとアトピーへの挑戦から始まった

第4章 細菌・ウイルス・真菌を同時に撃破するエキス

第5章 微生物汚染を防げ!――東洋インキ製造の挑戦

第6章 人類最大の敵、ガン細胞との戦いに挑む!

第7章 ササエキスは果たして人間の免疫力を高めるのか

第8章 感染症から人類を救う抗ウイルス薬が生まれる日

エピローグ

赤城 稔
株式会社エフ 代表取締役
株式会社フォレストメディア 代表取締役

1957年、東京都出身。80年、早稲田大学政経学部経済学科卒業後、ダイヤモンド社入社。89年、ダイヤモンド社退社後、(株)ピニオン(編集プロダクション)取締役を経て、95年、(株)エフに取締役として入社。後に代表取締役社長に就任。(株)エフも編集プロダクションで、各種の編集・取材執筆活動を行っている。なお、フォレストメディアは電子出版専門の会社である。

著書には『ドキュメント事業承継 次は君だよ』『日本のNPOはなぜ不幸なのか』(共著)(ダイヤモンド社)、『新旧メディア戦争』(ソフトバンク パブリッシング)、『本当に必要な日本の改革』『インターネット・ブランディング最前線』(ソフトバンク クリエイティブ)『政治家に求められた覚悟とは』『女性経営者たちのしなやかな戦略』『政治って、もしかしたらおもしろい!』『いざ舞台へ』(フォレストメディア)などがある。他にライター、編集として携わった書籍は多数。

対応機種: ※詳細は各書店サイトでご確認ください。
Amazon.co.jp:Kindle Paperwhite, Kindle Fire, Kindle無料アプリ(iOS/Android)
楽天kobo:kobo電子ブックリーダー, kobo無料アプリ(iOS/Android)
紀伊國屋書店Kinnopy:Windows/Mac, iOS/Android